肩甲骨と膝の関係

動坂指圧の小川です!

さきほど患者様から「肩甲骨と膝の動きって関係あるんですか?」というご質問をいただきました。肩甲骨と膝はだいぶ離れた位置にありますので関係なさそうですが、実は大いに関係があるのです。よくある2つの姿勢を例に挙げてご説明します。

 

【猫背の場合】

猫背になっている人は左右の肩甲骨の位置が外側に開いていますが、この場合膝は曲がりやすい(伸ばしにくい)のです。背中が丸まったお年寄りをイメージしてもらえれば、猫背で膝が曲がった姿勢を想像しやすいと思います。

 

【胸を張る姿勢の場合】

反対に胸を張る姿勢の人は左右の肩甲骨の位置が内側に寄っていて、この場合膝は伸ばしやすい状態なのです。例えば整列している兵隊さんは胸を張って膝はピンと伸びていますね。

 

では、逆に猫背で膝を伸ばしたらどうなるでしょう?実践するとわかりますが、前に倒れそうになります。胸を張って膝を曲げたら、今度は後ろに倒れそうになります。このように肩甲骨と膝はお互いバランスを取り合いながら姿勢を維持しているのです。中には当てはまらないタイプの方もいますが、それでも股関節や足首など他の部位でバランスを取っています。

「肩こりは肩だけ押しても治らない」というのは、上半身だけほぐれても全身のバランスは乱れたままだからなんですね。というわけで、「肩甲骨と膝」からもわかるように、どんな症状であれ全身指圧で体全体のバランスを整えるのが効果的なのです(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です