【コロナ感染対策しています】

Blog

自律神経と免疫力

動坂指圧の小川です!

ウィルス感染症対策で免疫力を上げる方法がいろいろと話題になりますが、ウィルス対策に効果的なことは「普段からちゃんと休息を取ること」です。
そんなこと誰にでもわかる!と言われそうですが(笑)、なぜそれが大切なのか?
それは自律神経と免疫力の働きに関連があるからです。

自律神経の働きは、体を活性化させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」に分かれます。
そして免疫を司る白血球には、細菌のような大きな病原体を退治する「顆粒球」と、ウィルスのような小さな病原体を退治する「リンパ球」があります。

細菌に感染した場合に顆粒球が動き出すのですが、この時交感神経の活動が優位になり、ウィルスに感染した場合はリンパ球が動き出し、副交感神経が優位になります。
顆粒球と交感神経、リンパ球と副交感神経という関係です。

つまり、ウィルスに対抗するにはリンパ球が必要で、リンパ球を働きやすくするには副交感神経の活性化が必要になり、副交感神経を活性化させるには休息をとってリラックスする必要があります。
なので「ウィルス対策には休息」なのです。

普段から多忙で休みも取れず、睡眠不足、運動不足、食事も早食いで済ませるような生活をしていると交感神経が活性化し続け、副交感神経が鈍ります。その結果ウィルスに感染した時のリンパ球の働きが弱る可能性がありますので、しっかり体を休める当たり前のことを疎かにしない生活が何よりも大切ですね(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。