【コロナ感染対策しています】

Blog

脊柱管狭窄症の患者様

動坂指圧の小川です!

1年ほど前から脊柱管狭窄症で歩くのが大変だった、という80代後半の方を最近指圧させていただいています。
脊柱管狭窄症は脊柱管という神経の通り道が狭くなり、腰のあたりで神経が圧迫されてしまい痛みやしびれが出てしまう疾患です。
歩行中もだんだん症状が出てしまうので、こまめに休息を取らなければなりません。

その患者様は臀部や腰の筋肉が固まってしまい、股関節の動きが悪くなり腰の痛みも増悪している様子でした。
そこで凝り固まった筋肉を指圧でほぐすと、股関節の動きがスムーズになって楽に歩けるようになり「若返ったみたい!」と喜んでおられました。
行動範囲も広がり心身ともに調子が良いようです(^^)
脊柱管狭窄症そのものが治るわけではないですが、指圧でコンディションを整えることで好不調の波が小さくなり疾患とうまく付き合っていける好例だと思います。

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。