【コロナ感染対策しています】

Blog

深い呼吸と浅い呼吸

動坂指圧の小川です!

「深呼吸をしましょう」という言葉をよく聞いたり目にすることがあるかと思います。
なので「深呼吸は良いもの」というイメージが一般的です。
もちろん深呼吸は大切ですが、なんでもかんでも深呼吸をすればいいというわけではありません。
時と場合によって呼吸を使い分ける必要があります。

では、どんな時に深呼吸をしたら良くて、どんな時にしない方がいいのでしょうか。
するべき時は、
当然ですが「休む時」です。
休憩時や家でリラックスする時などで、これはみなさんおわかりか
と思います。

反対にしない方がいい時というのは、仕事やスポーツなどで「ここ一番」という大事な場面で深呼吸をしてしまうことです。
これは意外とやってしまう方が多いですね。
深呼吸をすると脱力します。すると体の軸も緩んでしまい、体の動きが不安定になってパフォーマンスが低下します。
例えば野球のピッチャーであればコントロールが乱れますし、ぶつかり合うような競技であれば耐え切れず倒れやすくなります。
仕事で言えば、重要なプレゼンを控えている時に、本番前に深呼吸をするとリラックスできますが、集中力も低下して頭の回転が鈍りがちになります。


では、大事な場面ではどういう呼吸がいいのか。
イメージしていただくのは「針の穴に糸を通す場面」です。
正確な動きと高い集中力を求められる動作ですが、この時呼吸は「息を止める一歩手前くらいのわずかな呼吸」になっているはずです。
つまり浅くて小さい呼吸が頭と体を働かせるのに適しているのです。

動きたい時と休みたい時で自分がどういう呼吸をしているかチェックしていただくと、仕事やスポーツ、リラックスする時の質を向上させるのに役立つかと思います(^^)

***************

動坂指圧「和み」

文京区千駄木4-14-2 1F

【アクセス】

JR田端駅 徒歩10分

JR・東京メトロ千代田線 西日暮里駅徒歩11分

TEL:03-3824-1250

営業時間 11:00~20:00最終受付(年中無休)

*下記の症状にお悩みの方はご相談下さい。

肩こり・頚椎症性神経根症・頚椎椎間板ヘルニア・胸郭出口症候群・猫背・寝違え・五十肩・腰痛・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア・変形性腰椎症・変形性膝関節症・ランナー膝・足のしびれ・坐骨神経痛・テニス肘・ゴルフ肘・手のしびれ・腱鞘炎・胃の痛み 不眠・頭痛・生理不順・更年期障害・鬱・天気痛(気象病)・花粉症・喘息・便秘

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。